• HOME
  • 医院紹介
  • 診療時間・アクセス
  • 院内ツアー・設備
ホーム > 一般歯科

一般歯科・小児歯科・歯周病・入れ歯

痛い・しみる・出血がある・歯ぐきが腫れている まずはご相談下さい。

一般歯科

むし歯や歯周病が発生してしまった場合は、患者さまの症状によって最適な処置をいたします。

歯周病

歯周病の症状

歯周病(歯槽膿漏)は、大きく分けて「歯肉炎」と「歯周炎」があります。歯肉もしくは歯周組織に歯周病菌が入り込み、炎症が起きて最終的には歯を破壊してしまう恐ろしい病気です。初期段階では自覚症状がないのですが、その内に治療しておけば完全に治すことも可能です。

  • 軽度……歯肉に腫れが見られますが、自覚症状がほぼありません。
  • 中度……炎症が拡大しています。冷たいものを飲むとしみたり、歯磨きの際に出血したりします。
  • 重度……膿のせいで口臭が出たりします。歯がグラグラし始め、抜歯しなければならないかもしれません。
歯周病と全身の関係
  • 肺炎・気管支炎……高齢の方など、気管の機能が衰えてしまっている場合、本来なら気管には入らないよう遮断されるはずの食べ物を誤嚥してしまい、一緒に歯周病菌も入り込んでしまうことがあります。その結果、気管支炎や肺炎を引き起こす可能性があります。
  • 脳卒中・心臓病……歯周病菌が出す有害物質は、周辺組織に炎症を引き起こします。これが血管に入り込んでしまうと、全身にその有害物質が移動してしまうことになります。さらに血管を詰まらせることにより、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞のリスクを高めてしまいます。
  • 糖尿病……歯周病菌の出す有害物質は、インスリンの効果を妨害するため糖尿病の症状を悪化させます。
  • 低体重児出産……歯周病に由来する免疫効果により、子宮に収縮が起こってしまう場合があります。
   これらの可能性を減らすためにも歯周病治療、日々のメンテナンスは大変重要です。
治療の流れ
1.検査

歯周ポケットの深さを測定します。また同時にそこに付着した歯垢や歯石の状況もチェックします。
歯茎の内側にある歯槽骨などの場合は、目視で観察できませんのでレントゲン撮影することもあります。

2.クリーニング

歯科衛生士が、歯垢や歯石を除去します。歯石はご自宅でのブラッシングで取り除けません。プロ用の特殊な専門器具を使って丁寧に掃除します。

3.外科処理

歯科衛生士のクリーニングでも清掃しきれない場合、歯茎を切開したり、また再生治療を行ったりします。

4.メンテナンス

数ヶ月ごとにご来院いただき、経過を観察しながらきれいな状態を維持していきます。

予防
予防

いくら高度な治療によって歯周病を治療したとしても、メンテナンスをしなければ元に状態に戻ってしまいます。
そこでご自宅でのセルフケアはもちろんですが、医院でのプロフェッショナルケアも併用することで、治療したきれいな状態を長持ちさせることができます。
セルフケアのためのブラッシング指導をはじめ、歯垢・歯石をとりのぞいて表面を研磨するPMTC、そして虫歯予防となるフッ素塗布を行っております。

小児歯科

小児歯科
人の歯は、まず、乳歯が生え、やがて永久歯に生えかわります。だからといって、乳歯をむし歯のまま放置しても良いということではありません。むし歯になってしまった場合の乳歯でも、適切な処置をされているかによって、後に生えてくる永久歯の歯列、さらには成長期の発育にまで大きく影響します。

お子さまの治療では、痛みによる恐怖心や苦手意識が芽生えないように、表面麻酔を行います。
予防につきましては、乳幼児の場合は保護者の方にご説明します。小学生くらいからは、医師の言うことを理解できるようになりますので、本人に、予防について話しをし、意識を高めるように指導いたします。お子さまにも、大人と同様、歯の定期検診を受けることをおすすめしています。
フッ素

当院では、お子さまの歯を虫歯から予防するために、歯の表面にフッ素塗布を行っています。フッ素塗布を行うことで、歯へのカルシウムの再石灰化を促し、虫歯になりにくい強い歯質をつくります。

シーラント

虫歯の菌が入りやすい歯の溝を、透明なプラスチック素材のシーラントで埋める予防法です。生え始めの永久歯は虫歯になりやすく、中でも奥歯の6歳臼歯は歯ブラシが届きにくいので、シーラントがおすすめです。

ブラッシング指導

個々に合わせたブラッシング指導を行っております。予防においてブラッシングは大変重要です。お子さまにもプラーク(歯垢)の染め出しを行い、磨き残しがあることを分かりやすいように説明しております。

入れ歯

入れ歯
ご自身の歯を失ってしまったときの処置のひとつが、「入れ歯」です。
入れ歯には、さまざまな種類があります。まずは、入れ歯の種類によって異なる特徴をご説明するところから治療が始まります。また、保険診療になるもの、自費治療になるものがあります。
入れ歯で大切なことは、患者さまの口腔内に合うものを装着することです。物を食べる、会話をするといった日常生活を、少しでも快適に過ごしていただくことを大切にしています。
入れ歯治療の流れ
1.

まずは、カウンセリングを行います。食べ物が噛みにくい、入れ歯が痛い、合っていない気がするなど、気になっていることをお聞かせください。

2.

現在、お使いの入れ歯が使えるように調整し、型を取ります。

3.

噛み合わせをとる。

4.

試適(ぴったりと合い、きちんと噛めるかどうかの確認)をします。

5.

試適で合わない場合、さらに精密印象を行います。(※精密印象を行うケースと行わないケースがあります) 2)で取った型と患者さまの口の動きの再現をはかり、噛み合わせを計算した入れ歯をつくります。

6.

最後に試適を行い、完成です。

  総入れ歯、部分入れ歯とも、当院が長年信頼を置く歯科技工士に依頼をしています。

親知らず

親知らず

親知らずとは、大臼歯(歯列の一番後方にある歯)の最後方にある歯のことで、真ん中の歯から数えて、8番目に生えてきます。一般には10代後半から20代前半にかけて生えることが多い歯です。
食生活の変化により、現代人の顎の骨は小さくなったため、親知らずの生える顎のスペースも狭くなりました。現代は、親知らずがきれいに生え揃うことが、難しくなってきています。親知らずがきれいに生えないと、以下のような症状が現れます。

  • 歯ブラシが届きにくく、むし歯になりやすい。
  • 親知らずと隣接する歯も、むし歯になりやすい。
  • 周囲の歯肉が腫れやすい、膿みやすい。
  • 親知らずが生えてくるときに、前の歯を押すことで歯並びを悪くする。
  • 噛みあう反対側の顎の歯とぶつかるなどの影響で、顎関節症を引き起こすことがある。
  • 噛み合う反対側の顎の親知らずが生えていない場合、噛み合わせが乱れる。

当院では必要に応じて、状態をCTで確認し、適切に処置をいたします。