• HOME
  • 医院紹介
  • 診療時間・アクセス
  • 院内ツアー・設備
ホーム > 予防歯科

予防歯科・歯のクリーニング・噛み合わせ

正しい予防で、お口の環境を改善・維持。

予防歯科

痛くなる前に通うことがポイント
歯は、「痛くなってから、あわてて駆け込む」より、「予防ケア処置のために通う」ことのほうが、はるかに大切です。特に症状が見られなくても、定期検診を行うことをおすすめします。
当院では、ブラッシングの指導を行っています。むし歯や歯周病の原因となるプラーク(歯垢)の染め出しを行い、患者さまに磨き残しを確認していただきます。
日常生活でも、1日1回は鏡を見ながら、細かく、優しいブラッシングを行うようにすすめています。デンタルフロスの使用も、プラークを取り除くのに効果があります。

歯のクリーニング

歯のクリーニング

むし歯と歯周病の予防でプラーク(歯垢)コントロールは大変重要です。
もちろん基本は、毎日のご自身によるケア(歯ブラシやデンタルフロスを使用した歯磨き)です。しかし、どんなに気を付けて歯磨きをしていても、意外と磨き残しはあるものです。その磨き残したプラークは、やがて歯石になります。歯石が付着すると、細菌が繁殖し、歯肉炎の発症や歯周病の悪化を招いてしまいます。

プラーク、さらには歯石付着の予防のためにも、日常の歯磨きにプラスして、「PMTC」を取り入れることをおすすめします。PMTCとは、「Professional Mechanical Tooth Cleaning(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)」の頭文字をとったもので、「プロによる歯の掃除」という意味です。
PMTCを行うと、次のような効果が得られます。

  • 口の中がさっぱりし、リフレッシュ気分を得られる
  • 着色汚れが緩和され、見た目にも美しくなる
  • むし歯、歯周病を予防する
  • 歯を強くする
  • 口臭が緩和される

噛み合わせ

歯並びや歯の欠損、歯ぎしり、くいしばりなどにより噛み合わせのズレが起こり、体のバランスが崩れ、頭痛・耳鳴り・肩や腰など全身への悪影響を及ぼすことがあります。
治療には、ナイトガード(マウスピース)を使用することもあります。睡眠時に装置するもので、寝ている間、強い噛みしめで歯や顎にかかる負担が軽減され、噛み合わせにも変化が現れます。
気になること、心当たりがあれば1度当院にご相談下さい。